数ある助産師求人の中から理想の職場を見つけ出そう!

助産師求人を探すなら、転職支援サイトを利用しよう

新しい命の誕生に関わる事の出来る素晴らしい職業である助産師ですが、それでもお仕事はおしごとですよね。他の職業と同じ様に、様々な不満や悩みを抱えています。多くの“助産師さん”たちは、転職をする事によってその不満を解決させているようです。

そんな“助産師さん”の転職シーンで、近年スタンダードなツールになりつつある助産師に特化した型の〈転職支援サイト〉の存在をご存知でしょうか?

転職を意識する助産師であれば、サイトやブログなど何らかの媒体からその存在自体はご存知かもしれませんね。“助産師さん”に限らず、今や就職や転職など求職活動を行っている多くの方がインターネットを活用し情報収集を行っている状態です。

助産師にも同じ様に、インターネットのを使って新しい職場を探すスタイルが当たり前になりつつあります。助産師に特化した求人サイトには様々なものが存在しています。

そのほとんどが無料で登録・利用する事ができ、サイト内の様々なサービスも金銭的な負担を負う事なく受ける事が可能です。この手軽さも相まって、今や多くの“助産師さん”が〈転職支援サイト〉によって新たな職場と出会っているのです。

多くの助産師達が利用する〈転職支援サイト〉は、つまり人材を求める採用側も多く利用している事に繋がります。だからこそ、〈転職支援サイト〉はハローワークや求人情報誌と比較しても圧倒的な数の求人情報を抱えているのです。

多くの求人情報を収集するという事は、より自分の希望に近い職場を見つけ出す為の第一歩とも言えるでしょう。転職を意識しているのであれば、ぜひ利用しておきたいサービスです。

また、〈転職支援サイト〉のサービスのなかでも特に人気の高いものに「専属のコンサルタント」の存在があります。このコンサルタントは、事前に行った面談によってあなたの状況や希望条件を把握し、 よりあなたの希望に近い求人情報をピックアップして紹介してくれるのです。

さらに、面接の段取りや履歴書の書き方、採用側との条件交渉など、様々なサービスであなたの転職をサポートしてくれます。転職活動をはじめる際は、こういったサイトを有効に利用してみてはいかがでしょうか?

シップナースとは?

看護師の職場と言われたときに思い浮かべるのは病院やクリニック、福祉施設ではないでしょうか。

しかし、看護師には、一般企業や学校などの医務室や保健室、レジャー施設での保健室など探してみるとさまざまな職場があることが分かります。

最近では、イベントナースやツアーナースと呼ばれる仕事もあります。

人が集まるところには、看護師さんなどの医療従事者が必要なのです。その中に「シップナース」と呼ばれる看護師の仕事があるのをご存知でしょうか。

「シップナース」とは、船の中の医務室や保健室などで働いてる看護師さんのことです。

長期間にわたって航行している客船に乗船して、船医と共に乗客の健康管理や乗組員たちの健康状態を管理しています。

長期の航行となれば体調を崩す人が少なからず出てきます。トラブルなどでのけがや、大きな病気にかかる人もいるかもしれません。

そんな人たちに対して限られた設備の中で、処置を行っていかなければいけない大変な職場です。

場合によっては、医療器具ではない道具や材料などを使って処置をしなければいけない事態も起こりえます。

そのような状況において、正しい判断で処置を行う冷静さや度胸が必要かもしれません。

大きな病気やけがの場合は船内で最低限の処置をした後、最寄りの港に泊まり病院に搬送するなどの判断を迫られることもあるので、判断力や対応力も求められます。

大型客船の場合は、世界中をクルーズするものもあります。どこの国で病院に搬送しなければいけない事態になるか分かりません。

ですので、「シップナース」にはある程度の語学力が必要とされます。外国語の医療用語も勉強をしていく必要があるでしょう。

また、限られた空間で少人数での勤務になります。スタッフ同士の信頼も必要ですし、協調性も必要です。

「シップナース」はこのような高い知識や技術、対応能力が必要な仕事です。

イベントナースやツアーナースなどの、限られた条件での仕事を経験をしたベテランナースさんなどは「シップナース」の仕事にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

病院などより過酷な職場かもしれませんが、世界中の人とふれあうことができるなど今までの世界観が変わるような貴重な経験ができるかもしれませんよ。

看護師の離職は夜勤のせい?

看護師不足が叫ばれている今、看護師の離職率の高さが問題になっています。調査では毎年約1割の看護師が離職をしているという結果もでています。

夜勤が長いと離職率が高まる傾向があり、長時間夜勤を行うことによって疲れや心労が重なり、医療事故を起こしたり看護師自身が過労死してしまう恐れがあるとして、労働環境を改善するために夜勤の短縮や回数の制限に取り組む動きが広がっています。

看護師団体はガイドラインを作り病院側に対し負担軽減を呼びかけています。

看護師の仕事は、激務で離職率が高いということはよく知られていると思います。

看護師は不足しているのですが、少子化でなり手が少なくなっていたり、高齢化に伴って介護施設や訪問看護の増加などから看護師のニーズは高まっています。

その一方で夜勤や勤務体制の厳しさから心労やストレス、疲労を理由に退職をしてしまい、看護師不足を加速させてしまっています。

ある病院では夜勤の拘束時間を「16時間」から「12時間」に短縮し、出勤時間も午後4時半から午後9時に変更しました。

そのため、看護師からは「夜勤後の疲労が軽減された」と喜ばれています。

このような取り組みによって「夜勤中の休憩時間の確保」や「夜勤の連続勤務回数の制限」など職場環境の改善を行った病院は増え、4年連続で離職率は減少傾向にあったのですが、やはり夜勤時間が長い看護師が多い病院は離職率が高いままの状況です。  

病院が採用を増やしても、環境が改善されなければ退職者が減ることはないため、ベテラン看護師が育たず全体の看護技術が向上しないというデメリットもあります。

その反面、夜勤があるとなしでは給料の額が大きく変わってきます。夜勤がないと、収入が少なくなるので困るという看護師さんもいるのも事実です。

転職を考えるときはその病院の夜勤体制の情報収集をしっかりと行い、そこで長く勤務をしていけるのかどうかしっかりと考えていかなければいけません。

↑ PAGE TOP